太陽光発電を知る

太陽光発電とは?

地球に優しく、より安全にエネルギーを生み出す

太陽光発電は、太陽光を太陽電池を用いて直接的に電力に変換する。(別名ソーラー発電)再生可能エネルギーである太陽エネルギーの利用方法の1つである。太陽光発電は屋根に太陽電池パネルを取り付け、太陽の光で電気をつくります。つくった電気は実際にご家庭で使用して、使いきれずに余った電気は電力会社が買取ってくれます。発電に際してCo2(二酸化炭素)を発生させないクリーンさが魅力です。環境にやさしく、経済的にも嬉しいシステムです。

太陽光発電のしくみ

太陽の光という無限のエネルギーを活用する

単体の太陽電池(セル)を数十枚まとめたものを太陽電池モジュールといい、必要な数だけモジュールを接続して配列したものを太陽電池パネルと呼んでいます。このパネルが光を受けることで直流の電気が発生する。発生した直流の電気を家庭で使える交流に変換するために「パワーコンディショナー」を使う。太陽電池を使って発電した電気はパワーコンディショナにより直流電力から交流電力に変換することで、ご家庭内のさまざまな家電製品で使うことができるようになります。また、発電した電力量が余った場合は、電気を電力会社に売ることができます。曇りや雨の日など発電した電気が足りな場合や夜間などは、電力会社から電気を買います。売買の切替は自動で効よく行われますのでご安心ください。

太陽光発電のメリット

二酸化炭素(CO2)を排出しないクリーンエネルギー

エコに貢献

発電時にCO2や有害物質を排出しない、地球環境への負荷が極めて低いのです。太陽光による発電を多くの家庭が導入すれば、それだけ地球環境保護に対して大きな力となります。

余った電力を電力会社に売ることができる

2009年11月1日から実施されている余剰電力買取制度。現在は新制度に移行し平成25年度現在、住宅用は1kw/38円の価格で取引されている。一概にいえませんが、一般的なご家庭の売電収入は数千円程度になります。

補助金制度が充実

平成25年度の補助金額は、1kw当たりのシステム価格が410,000円以下の場合は1kw当たり20,000円の補助金、システム価格が500,000円以下の場合は1kw当たり15,000円の補助金となります。
詳しくはこちら→http://www.j-pec.or.jp/

光熱費の節約

平成21年11月から太陽光発電の余剰電力買取制度がスタートし、太陽光発電で作られた電気のうち、ご自宅で余った電気を電力会社が買い取ります。一概にいえませんが、一般的なご家庭の売電収入は数千円程度になります。

災害時に強い!

災害などにより送電されなくなった場合、太陽光発電は自動的に運転を休止しますが、自立運転にモードを切り替えることで電力の確保ができます。自立転時には1500W(1.5kw)までの機器しか動かせませんが、それだけの電力が確保出来ればテレビを見たり携帯電話を充電できます。万が一の場合にも正確な情報を把握でき、緊急時に役立つのが太陽光発電のメリットです。

まずはお問い合わせください

  • お電話でのお問い合わせ 0120-83-6644
  • お問い合わせ 太陽光発電やその他製品のお問い合わせはこちら
  • 見積もり依頼 太陽光発電のお見積もりはこちら